お金にこまったら現金化業者を思い出してください。

最近注目を集める「どんなときも。クレジット」。
すこし変わったネーミングですね。

リアルな口コミ情報を交えながら、その実体に迫りましょう。

どんなときも。クレジットは悪質?評判は?

みんなの口コミを調査した

Twitter利用でダイレクトな情報を見つけるのは困難です。
「#クレジット現金化」ならさまざまな情報が寄せられていますが、ほとんど無益なツィートと言わざるを得ません。

有益な情報を入手するためには範囲を広げる必要があります。
幅広く口コミ情報を集めてみましょう。

どんなときも。クレジットの口コミを知恵袋や2chで調べてみた

検索範囲を広げたところ、多くの口コミ情報が得られました。
さっそく列記しましょう。

どんなときも。クレジットの口コミ
  • スムーズに本人確認できたので、30分ほどで現金入手できた
  • 年収100万円に満たない主婦が利用できて助かる
  • 審査不要で現金が手に入った
  • 田舎なので消費者金融ATMがなく、コンビニ利用できる点がメリット
  • 2回目以降は10分程度で振込可能
  • ほかの現金化業者より換金率が高かった
  • 振込金額を明確に伝えてもらえるので安心
  • 手数料が最小だと思う

これらをみると、よい印象の口コミが多いですね。

なかには換金率の不満を訴える口コミが見受けられました。
ただし、内容を精査すると換金初心者による情報です。
勉強不足からくるものでしょう。

比較対象にはベテランユーザーの口コミを参考にしたいところ。
情報ソースの選定は慎重におこなってください。

どんなときも。クレジットの換金率は他社より低い?

換金率は他社より低い?

「クレジットカード現金化」で気になるのは換金率でしょう。
スタッフ対応がよくても換金率が低くては利用する気が失せてしまいます。

公式ホームページをみてください。
目に飛び込んでくるのは「換金率最大98%」。

つぎに表示されるのが「ご希望の換金額をカスタマイズ可能」。
変動換金率として「最大88%~98%」が提示されています。

さらに「あんしんの業界最安・手数料0円」をアピールしており、最高の換金率を期待したいところ。
実際にはどのようなものとなるのでしょう……。

はっきり申し上げたいのは「すべての項目を鵜呑みにするわけにはいかない」ということです。

ホームページどおりなら、1万円を申し込めば98%の換金率適用で9800円が入手できることとなりますね。
しかし、実際の振込金額をみると、この金額が実現することはありません。
(この点はどの業者を利用しても同じことがいえます)

「どんなときも。クレジット」の換金率を説明するために、もう少し掘り下げましょう。

「カード現金化」には「手数料」と「消費税」が存在するため、ホームページ換金率がそのまま入金額と一致しないのです。

これらのうち、バカにならないのが「消費税」。
「カード現金化」はキャッシュバック方式であっても商品売買をおこなうわけですから、「消費税」を避けて通るわけにいきません。

たとえば20万円の申込み金額に対応するためには、業者は20万円分の「消費税・納税義務」が発生することに。

当然ながら「10%2万円」はユーザー負担とされるのです。
これだけで入金額は「20-2=18」となりますね。

ここに「業者の儲け分」が加味されますから、実際に受け取れる金額はさらに減ることとなります。

「業者の儲け分」に「わけのわからない手数料」がたくさん上乗せされると、最初に提示された換金率が大幅にダウンするでしょう。

前述しましたが「どんなときも。クレジット」は「手数料0円」をアピールしております。
換金初心者も安心ですね。

「消費税」による目減りはあるものの、ホームページ表示の換金率から実際に受け取れる金額予想が容易となるでしょう。

あとの項目で詳しく解説しますが、申し込んだあとにかかってくる電話で「実質換金率」をキッチリと確認してください。

耳より情報をすこし。
さまざまな口コミ情報から推察される「どんなときも。クレジット」の「実質換金率」は「81~86%」。

一般的な「実質換金率」は「75%前後」とされますから、驚異的な数値ですね。
他社に劣ることはけっしてありません。
オススメできる業者ですよ。

どんなときも。クレジットの会社概要

どんなときもの会社概要

さっそく表組をしましょう。

業者名 どんなときも。クレジット
代表者名 鈴木智也
利用可能カード VISA,MasterCard,JCB,AmericanExpress,DinersClub
住所 107-0062 東京都港区南青山2714
電話番号 0120620382
換金率 最大98%
入金スピード 最短10
ホームページ https://donnatokimo-c.com/

詳細な換金率も表組みします。

申請金額 換金率(最大)
5万円以上10万円未満 91%
10万円以上30万円未満 93%
30万円以上50万円未満 95%
50万円以上80万円未満 96%
80万円以上100万円未満 97%
100万円以上 98%

参考になさってください。

どんなときも。クレジットで現金化する時の流れ

ステップの流れを確認

「どんなときも。クレジット」利用の流れを解説します。
補足説明しながら話をすすめましょう。

ホームページを開く

まず公式ホームページを開いてください。
「今すぐ現金化を依頼」ボタンをクリックしましょう。

すると「ショッピング枠現金化依頼フォーム」が表示されます。
項目を列記しますね。

希望金額は最低1万円

実際の入力項目
  • クレジットカードの有無
  • クレジットカード名義
  • 希望金額
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 名前
  • ふりがな
  • 連絡希望時間帯
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 住所建物名
  • メッセージ(質問・要望など)

申請用の専用フォームですから、正確に入力してください。

入力が終了したらページ下部の「フォームを送信する」をクリックしましょう。
これで業者への申請が完了します。

業者側は送信内容を確認すると連絡希望時間帯で設定した時間に電話で返信します。

連絡希望時間帯は1時間ごとに設定できますから、希望時間帯には準備して待つようにしてください(営業時間は9時~18時)

営業時間外を過ぎてWeb申込をした場合には翌営業日の返信対応となります。

換金率確認

ユーザーの申請に対して業者側から電話返信がなされます。
内容は「サービスの説明」です。

ここで神経を集中させてほしいのは「換金率の確認」。
ホームページ表示の換金率からどれだけ目減りするかをしっかりと聞きださなければなりません。

もしスタッフの説明に納得がいかなければ、換金を断る勇気が必要です。
消費税や手数料などの内容をしっかりと確認してください。

そして、説明に納得できれば換金をすすめてもらいましょう。

本人確認

どんなときも。の本人確認

業者側へ本人確認書類を送ってください。
本人確認書類は「免許証・保険証・パスポート」のいずれかです。

送付方法は「写メール」。
該当本人確認書類を指定方法で撮影して「写メール」利用すればカンタンに送れます。

ここで注意したいのは「データの悪用や漏えい」ですね。
本人確認書類は個人情報の宝庫となります。

公式ホームページでは「個人情報保護方針」を提示。
そこで「個人情報管理」「利用目的」「第三者への開示・提供の禁止」「安全対策」「本人照会」「法令・規範の遵守」をそれぞれ掲げており、取り組み姿勢が評価できます。

「カード事故0」の実績は大きな安心となるでしょう。

指定商品購入

本人確認が済めば商品を指定されますから、ガイドにしたがいクレジットカード利用で購入してください。

指定される商品は基本的に「価値のないもの」です。
(百均商品やCD-ROMなどの情報商材)

その商品をダイレクトに換金できませんから、クレジットカード会社に目を付けられることはありません。

指定口座への入金

商品購入確認により、指定口座への入金がなされます。
入金額が説明と合っているか確認してください。

購入商品の受け取り

後日、購入商品が送られることに。
商品受け取りで現金化が完了します。

どんなときも。クレジットのメリット・デメリットは?

長所短所を正直にご紹介

すべての項目で業界トップクラスの「どんなときも。クレジット」。
はたして死角はないのでしょうか?

さまざまな角度から評価したいところ。
メリット・デメリットを掘りさげましょう。

どんなときも。クレジットのメリット

メリットはやっぱり

メリットを項目ごとに解説します。

還元率の高さ

多くのユーザーが還元率の高さを評価しています。
口コミ情報をみると、少額利用も高換金率が実現しており、一般的な業者では不可能とされる数値が報告されていますよ。

一般的な業者では「実質70%台」の換金率が常識でしょう。
しかし「どんなときも。クレジット」では80%を下回ることは極めてマレ。
85%以上の換金率も十分可能です。

現金入手を急ぎたいユーザーにとり、ありがたい話ではないでしょうか?

入金スピード

初回利用の際には本人確認が必要となるため、ホームページ表示の「最短10分」は実現しません。

しかしリピーターとなれば話はべつ。
15分もあれば確実に入金されますよ。

実際、現金化業者のなかには時間のかかるものがあります。
また、スピーディに入金してほしい場合は換金率が下がるものすらあるのです。

その点、「どんなときも。クレジット」は提示条件が変化することなくスピーディに入金されます。
高く評価できますね。

手数料不要

「どんなときも。クレジット」は「安心の業界最安・手数料0円」をアピールしております。

「振込手数料」など余分な手数料がかかりませんから、提示換金率との誤差が少ないことに。
初心者にとり安心なシステムですね。

手数料は「クレジットカード現金化」に障害となる部分。
不明瞭なことが多く、実質換金率を大幅にダウンさせる大きな要因となるものです。

実際には提示換金率から消費税を引いた分そのものが実質とはなりませんが、かなり近い数値が実現します。

業界で「手数料不要」をアピールするのは貴重な存在でしょう。
(ほとんどの業者が手数料名目で換金率をダウンしてきます)

これはユーザーに明瞭会計を訴求するものであり、心理的なハードルを下げてくれますね。

審査が不要

「どんなときも。クレジット」は現金化業者。
金融業者ではありません。

したがって厳しい審査は一切不要です。
金融ブラックであっても所有クレジットカードにショッピング枠があれば利用可能となります。

全国ATM24時間365日利用可能

日本全国に存在するATMが利用できます。
もちろん24時間使えますから便利ですね。

近所に銀行がなくても、コンビニATMさえあればOK。
利用範囲が広がることになりますね。

指定銀行への入金が済んでいれば、ATM利用で24時間365日対応!
以前とちがい、現金入手の機会が増えているのです。

どんなときも。クレジットのデメリット

使えるカードに制限あり

デメリットを項目ごとに解説します。

電話対応しなければならない

すべてWeb入力で完結したいところでしょう。
残念ながら、電話対応は必須項目です。
「どんなときも。クレジット」に関わらないのですが、現金化システムの説明と換金率の提示が電話でなされます。

本人確認も兼ねており、避けて通れないものと考えてください。
かかってくる電話に出ないかぎり振り込みは実行されません。

利用カードの確認が必要

利用できるクレジットカードは5種類です。

利用可能なカード一覧
VISA
MasterCard
JCB
AmericanExpress
Diners Club

これら以外は使えません。

たとえば世界一発行枚数が多いクレジットカードである「銀聯(ぎんれん)カード」は対象外です。
注意してください。

どんなときも。クレジットに向いている人は?

どんなユーザーが向いているか

「どんなときも。クレジット」が向いているのはどのような人でしょう?
この部分はメリットとリンクしますね。
項目ごとに解説をしましょう。

少しでも換金率を重視したい

「なんといっても換金率を重視したい!」
このような人は「どんなときも。クレジット」がオススメです。

表示と実質に大差ありませんから、安心して利用できますね。

もちろん業界トップクラスの「換金率」ですから満足できるでしょう。

余分な手数料を払いたくない

前項と重複しますが、実質換金率をダウンさせる要素はできるだけ排除したいもの。
そのような人に「どんなときも。クレジット」はオススメできます。

振込手数料や訳の分からない手数料が存在しませんから、明瞭会計といえるでしょう。
ベテランユーザーも納得できる業者ですよ。

換金スピードにこだわる人

「どんなときも。クレジット」はスピーディな振込みに定評があります。
本人確認の済んだリピーターなら、10分程度で入金となるでしょう。

クレジットカード現金化は安全?違法?

そもそも安全?違法性は?

「クレジットカード現金化」の安全性は以前より議論されてきました。

ショッピング枠の現金化は人気があり、業者は乱立状態にあります。
なかには詐欺まがいの業者が存在しますから、注意をしてください。
(「どんなときも。クレジット」なら安心です)

また違法性に関してですが、ショッピング枠の現金化で捕まる心配はありません。
ただしクレジットカード規約には違反する可能性があります。
最悪の場合はクレジットカード利用を止められるでしょう。

換金性の高い商品購入は疑いの目をかけられることになります。
その点「どんなときも。クレジット」は換金性の低い商品利用ですから安心ですよ……。

どんなときも。クレジットは安心安全!評判の高い人気クレカ現金化業者

安全性が高いから

「どんなときも。クレジット」は初心者からベテランまで安心・安全を提供する業者です。
個人情報保護に細心の注意を払っており、換金率はトップクラス。
現金入手を急ぐユーザーにとって、これほど親切・ていねいな業者はないでしょう。

初めて利用する場合には、事前に本人確認書類などを用意してください。
公式ホームページより申請をすすめれば、ほんの数分で入力可能。
すぐに折り返し連絡がありますから実質換金率を確認すればOKです。

クレカ現金化利用は比較対象が大切となります。
情報収集が成功のカギとなるでしょう。
「どんなときも。クレジット」は胸を張ってオススメできる業者ですよ。

おすすめの記事