予期せぬ急な出費ってたくさんありますよね。

  • どうしても欲しいものがある
  • 財布を紛失してしまった
  • 事故に遭い車の修理費や入院費がかさんでしまった

人生で急にお金が必要になるタイミングというものが存在します。

普段から備えていたとしても、上記のような出来事で残念ながら手持ちのお金では足りなくなってしまう事もあるでしょう。

貯金や保険の解約等でも足りず、誰にも相談したくない場合、頭に浮かぶのが『消費者金融での借り入れ』です。

即日借り入れしたい方へ

今まで消費者金融に縁の無かった人であれば、利用するのにどことなく不安があるのではないでしょうか。

消費者金融はどうしてもお金が必要な時の心強い味方ですが、同時にしっかりと調べて利用しなければ後に恐ろしい事態を引き起こしかねないハイリスクなサービスと言えます。

目の前のピンチを切り抜けるだけでなく、その後のこともしっかり見据えて、計画的な利用をすることが大切です。

この記事では、消費者金融での借入、カードローンの解説や、利用時のメリット・デメリットなどの情報をまとめています。

初めて利用を検討している方などは特に注意点をよく読んで、参考にして下さい。

当サイトおすすめ!即日利用可能な消費者金融ランキング

アコム
22時までの申込で最短60分で融資可能。
来店不要で審査は最短30分。
事前の借入診断はたった3秒!
契約翌日から30日間利息0円で借りれるサービスあり。
郵送物なしだから、内緒で借りれますよ。

消費者金融での借入方法とは?カードローンと呼ばれるもの

消費者金融での借入はいわゆる消費者金融カードローンと呼ばれるものになります。

カードローンの最大のメリットは、『担保』『保証人』が必要無い『無担保型ローン』ということです。

通常借金をする場合には、担保(借金のカタとして差し出すもの)や保証人を立てることが必要になってきます。

消費者金融のカードローンは、担保に出すものが無かったり、保証人になってくれる人が居ない場合でも借入をすることが可能です。

初めてでも簡単にお金を借りられますので、利用者も全国で1,000万人以上居ると言われており、少額の借入を継続的に利用している人が多くいるのが現状です。

借入や返済の手続きも簡単で、大手の消費者金融ですとスマートフォンからのアクセスのみでキャッシングが出来る会社がほとんどです。

わざわざお店や無人契約機に行かなくて済み、誰にもバレずにお金を借りたいという場合にも最適です。

借入金額は大きくありませんが、それ故に借入するお金の用途も自由であり、どのような事に使うのかなどを詮索されることもありません。

返済もコンビニのATMなどから簡単に行うことができ、非常に便利なローンと言えるでしょう。

消費者金融の一般的な利息。10万円を1ヵ月借りたら、利息はいくら?

消費者金融でお金を借りると『利息(利子)』が発生します。

利息(利子)とは、お金のレンタル料、またはお礼金のようなもので、借入金に対して一年間で何%上乗せして支払う必要があるかを表しています。

実際に返済するお金は、借入金額に『金利の利率』を掛けて算出します。

『金利(年利)』の設定は消費者金融によってもまちまちですが、大手消費者金融のおよその平均金利は『3.0%~18%』ほどとなっているようです。

金利は『3.0%~18.0%』のように下限から上限が表記されているのですが、実際の借入時に適用される金利はほぼ上限金利(多い方の金利・この場合18.0%)の方になります。

例えば年利18%で10万円を借りた場合、1ヶ月の返済はいくらになるでしょうか。

1年間で10万円の18%の利息がつく計算となりますので、10万円の借入に対し付く利子は年間『1万8000円』です。

この年利を12ヶ月で割ると『1500円』となります。

よってこの『1500円』が、『10万円を1ヶ月で借りた際の利息』ということになります。

金利18%で10万円を1ヶ月借りると、『10万1500円』の支払いになるということです。

借入が怖い?消費者金融を利用するデメリットとは?

消費者金融でお金を借りるということに不安を覚える人は今でも多くいらっしゃいます。
もし消費者金融でお金を借りた場合、どのようなデメリットが存在しているのか詳しく見ていきましょう。

  1. 金利が高い
  2. 利用状況によってはクレジットカードや、住宅ローンの審査に影響する
  3. 総量規制という借入額の制限がある
  4. ついつい必要以上に借り過ぎてしまう
  5. 世間的にマイナスのイメージがある

金利が高い

2010年にグレーゾーン金利が撤廃され、金利の上限が20%以下に引き下げされた事により、それまで『金利が高い』とされていた消費者金融も今ではクレジットカード等と変わらないくらい気軽に利用できるサービスになってきました。

しかし今でもやはり消費者金融での借入の利息は安いものとは言い難いです。

先にも紹介しましたが、消費者金融の金利の平均が『3.0%~18.0%』なのに対し、銀行系のカードローンでは平均『1.8%~15.0%』と、数%ですがやはり消費者金融での借入は金利が高くなってしまいます。

お金に困って借入をしているわけですから、金利は少しでも低く抑えたいですね。

借入額が多く、返済が長期に渡るほど、このデメリットは響いてきます。

利用状況によってはクレジットカードや、住宅ローンの審査に影響する

消費者金融でカードローンを利用した場合、個人の『信用情報』という情報機関に全て記録されていきます。

よく『信用に傷がつく』と言われているのは、この信用情報にマイナスの評価がつくことを表しています。

信用情報とは、ローンやクレジットなどの『信用取引』に関係する契約内容や返済状況、利用残高などの事実を客観的に表した情報のことです。

例えば『借入金が多すぎる』『返済が何度も滞っている』などの情報があれば全てこの信用情報に記録されます。

信用情報に傷がついた状態(悪い)になると、車や住宅のローンを組むことが出来なかったり、新たなクレジットカードを契約することが出来なくなったりします。

身近なところでは、スマートフォンの端末分割払いを拒否されてしまうケースなどもあります。

総量規制という借入額の制限がある

消費者金融では、貸金業法という法律によって定められている『総量規制』という決まりにより、原則的に年収の3分の1のお金までしか借り入れすることが出来ません。

これは債務者が返済できない状態になるのを避けるために儲けられている制度です。

総量規制を超える借入をさせてくれると謳っている消費者金融もありますが、カードローンの審査がグッと厳しくなります。

また、無職である場合は収入がありませんので、原則的に借り入れをすることが出来ません。

ついつい必要以上に借り過ぎてしまう

消費者金融でお金を借りている人に特に多いのが『ついつい借りすぎてしまう』という事です。

10万円だけ借りる予定が、50万円の限度額があるのでついつい限度額いっぱいまで借りてしまった…等、使いすぎてしまう事例は跡を絶ちません。

一回の返済額は少ないのですが、高い金利を何年も払って結果的に大きな損をしていたというケースも消費者金融での借入ではよくある出来事です。

カードローンで一度返済したお金はまたすぐに借り直すことが出来てしまう点も、ついつい借りすぎてしまう一因となってしまっているようです。

カードローンはいつでも引き出せる便利なお金ですが、それは貯金ではなく、借金であるということを常に忘れないように注意しましょう。

世間的にマイナスのイメージがある

基本的に借金がある(している)、借金をするというのは世間的なマイナスイメージがつきまといます。

消費者金融のことを闇金業者と同一視していて、悪徳業者であるとみなしている人も残念ながら一定数存在しているのが現実です。

一時は『高利貸し』などとも言われ高い金利を取ると言ったイメージもあったため、他人には極力『消費者金融を利用している』という事は明かさない方が無難でしょう。

職場などでもお金の管理が出来ていないと言う事で信用を失う可能性があります。

即日融資は本当?消費者金融の審査はどのように行われるか?

即日融資』とは、消費者金融への申し込みをした即日にお金を借りることです。

50万円までの少額融資であれば、面倒な『収入証明書』を用意しなくてもほぼ全ての消費者金融カードローンでお金を借りることが出来ます。

逆に50万円以上の借入や、他の消費者金融と合算して借入金が合計100万円を超えてしまう場合などには収入証明書が必要となるので注意して下さい。

即日融資の場合、まずは申込み手続きをします。

申込みはパソコンやスマートフォンから簡単に行うことができます。
この際本人確認の書類が必要になりますので、運転免許証や健康保険証などを用意しておきましょう。

申込み後は審査が入ります。審査時間は大体30~60分程が目安と言われています。

信用情報機関や各消費者金融の審査基準に合格すれば、電話で審査結果を伝えられます。

残念ながら審査に落ちてしまった場合は、その旨の連絡もここでされます。

次に勤務先へ在籍確認の電話が入ります。
クレジットカードを作成する時などもそうですが、勤務先へは消費者金融からの電話と分からないようにしてくれるのでその点は安心しても良いでしょう。

どうしても勤務先に電話をされたくない場合は、別の方法での在籍確認が出来ないかという相談に応じてくれる会社もあるので、一度話し合ってみましょう。

すべての項目をクリアすれば、晴れて契約完了です。

契約が完了した時点で当日の振込時間内であれば、即日現金の振込が可能となります。

借入がバレたくない。家族や職場に内緒で借りれるのか

消費者金融でのカードローンを内緒にしたい場合に困るのが、審査の際に行われる『職場への在籍確認』と、『自宅への郵便物』です。

職場への在籍確認は基本的に消費者金融だとは分からないように電話をしてくれますので、あまり心配することはありません。

しかしどうしても電話がかかってくるのが不都合な場合などは、業者によっては相談に応じてくれる場合もあります。

『アコム』『SMBCモビット』『アイフル』などは職場への電話連絡に対してある程度柔軟な対応を取ってくれるようです。

『プロミス』『オリックス銀行』などは職場への電話連絡は避けて通れないようですので、不都合があるようでしたら事前に調べるか、直接問い合わせをしてから申込みしましょう。

『自宅への郵送物』に関しては、ウェブで完結するカードローンを展開しているところへ申し込みをすれば避けることが出来ます。

プロミス』『SMBCモビット』などは無人機に行く必要もなく、ウェブのみで完結するカードローンを展開していますのでオススメです。

しかし借入金の振込先がそのまま消費者金融の名前となっていますので、通帳を見られたり、管理されたりしている場合は注意が必要です。

また、支払いが延滞してしまった場合は自宅への連絡や郵便物の送付、職場への連絡が行われますので、借入を秘密にしたい場合は絶対に延滞しないようにしましょう。

消費者金融の返済について。返済はどのように行われるのか?

消費者金融のカードローンの返済方法には様々な選択肢があります。

まずは銀行口座からの引き落としです。

口座にお金さえ入れておけば返済忘れなどが無いので便利です。

次に、『銀行振込、ATMでの振込』という方法があります。

自分の好きなタイミングで返済に行けるので便利ですが、振込手数料がかかってしまう場合があります。

その他にも、『プロミス』『レイク』などの窓口に直接持っていく方法や、消費者金融のATMで借入金の返済をすることが可能です。

ほとんどの消費者金融でインターネットによる返済にも対応しており、こちらはネットバンキングから24時間いつでも返済することが出来るので非常に便利なサービスです。

借入を延滞するとどうなる?

消費者金融のカードローン利用に置いて最も怖いのが『返済出来ない』という事態です。

返済が遅れると、まず電話がかかってきます。やむを得ない事情がある場合は一度話してみましょう。

理由が認められない、電話に出ない等の場合は自宅に督促状が届きます。

消費者金融のカードローンの返済が遅れると、遅れた日数分だけ『遅延損害金』という支払金が発生します。

遅れた日数分だけ割増される金利で、消費者金融ではほとんどの場合20%の金利が上乗せされます。

遅れれば遅れるだけ遅延損害金は増えていきますので、一刻も早く支払いを終えましょう。

さらに長期延滞になると、財産や給料の差し押さえという事態になりますので注意して下さい。

更に、支払いの延滞情報は信用情報機関に記録されてしまいます。

この状態のことをいわゆる『ブラックリストに載る』と言います。

ブラックリストに記録されると、5年~10年の間はその情報が残ることになります。

新たなカードローンやクレジットカードの契約時など、信用情報を通す審査に落ちてしまうことが確定するので、こうした事態はなんとしても避けるようにしましょう。

銀行と消費者金融を比較。どっちのカードローンが良いか

銀行カードローンと消費者金融のカードローンについて比較してみます。

借入金額は、銀行のほうが多く借りられます。消費者金融に適用されている総量規制が、銀行は適用外だからです。

金利は、わずかながら銀行が低いですが、少額の利用であれば消費者金融との差はあまり気にならないでしょう。

最大の違いは『審査のスピード』です。

消費者金融はその審査のスピードがウリです。即日融資も可能なのは消費者金融のカードローンの強みと言えるでしょう。

しかし企業としての社会的な信用度は、やはり銀行カードローンの方が高いと言えます。

まとめ:スピードも早く、利用しやすい。急な入り用には助かる

消費者金融のカードローンについてまとめてみました。

消費者金融のカードローンは、以前に比べて格段に利用しやすく、急な入り用や誰にもバレたくない場合などでも気軽に利用出来るようになっています。

どうしてもお金が必要な時は強い味方となりますが、借りすぎや延滞には十分注意して賢く利用するようにしましょう。

おすすめの記事