金欠でなんとかして現金を得たい。

でも、カードローンの審査は通らないし、クレジットもキャッシング枠は使い切ってしまっている…。

そんな時、現金を得る手段として『クレジットカードの現金化』というものがあります。

クレカ現金化は、確かに現金を得ることは可能ですが、悪徳業者も横行しており、初心者にとってはリスクを伴う場合もあります。

この記事ではクレジットカードでお金を作る方法と、注意点やデメリットについてまとめています。

クレジットカード現金化を行う際の注意点

クレジットカード現金化はあくまでも「クレジットカードのショッピング枠」を使った現金化であり、クレジットカードを持っていない方は利用することが出来ません。

また、現金化業者は貸金業者では無いため、「クレジットカードを使ってお金を借りたい」という方はキャッシングを活用しましょう。

お金を借りるわけでは無いことと、申し込みにクレジットカードが必要なことは理解しておいてくれ。

もしクレジットカードが無いとどうなるんですか?

申し込み時には必ずカードが必要だから、契約自体が出来なくなるんだ!
また、申し込む際は必ずと言っていいほど本人確認がある。
身分証とクレジットカードが手元にあればバッチリさ!
クレジットカード現金化業者おすすめランキングTOP5

1位 ナンバーワンクレジット

最大換金率98.8%!23時までの手続き完了で即日振込が可能です。

2位 ゼロスタイル

手数料も見積もり料金も全部ゼロ!最短5分の振込が可能です。

3位 ファストキャッシュ

会員数100万人を突破!日本全国即日お振込み可能です。

4位 ロイヤルゲート

新規ご成約で最大5万円プレゼント!内緒で現金化が可能です。

5位 換金クレジット

全国すべてのクレジットカードに対応!大口利用は優遇されます。

クレジットカードのショッピング枠現金化とは

(1)クレジットカードのショッピング枠の現金化

本来、商品やサービスを後払いで購入するために設定されている「ショッピング」枠を、現金を入手することを目的として利用することを指す。

引用元:消費者庁「クレジットカード現金化について」

クレジットカードのショッピング枠の現金化』とは、その名の通りクレジットのショッピング枠(買い物枠)を利用して現金を手に入れる方法です。

通常クレカのショッピング枠をそのまま現金として引き出すという事は出来ません。

そこで利用するのがクレカ現金化の専門業者です。

クレカ現金化の業者に申し込みをして、業者の指定する商品をクレジット枠で購入します。

すると、購入した商品の金額に応じて指定の口座に現金が振り込まれます。

これがクレカ現金化の主な手順です。

もちろん手数料を引かれますので、限度枠全てを換金出来る訳ではありません。

※クレジットカード現金化は融資ではありません。

お買い物するだけで現金が手に入る!こんな簡単な手続きなんですね!

ザッツライト!現金化は、とても簡単な手続きでお金を手に入れられるんだ。
ただし、注意点もあるからしっかり理解するんだよ。

クレジットカード現金化は違法?

クレジットカードの現金化は、法律には違反していません。

ですが『クレジットカード会社は現金化目的の利用を禁止している』ので、カード会社の規約違反となる場合があります。

クレジットカードには『キャッシング枠』という現金を借入するための枠があるので、キャッシング枠をまだ利用していない場合はそちらを利用する方が良いでしょう。

クレジットカードの現金化業者で行われる手法には主に『キャッシュバック方式』と、『商品買取方式』という2種類があり、法律に抵触するかどうかも変わってきます。

『キャッシュバック方式』は、業者が指定した商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を受け取れるという方法です。

一方『商品買取方式』は、業者が指定した商品を購入後、それを業者に買い上げてもらい現金を得るという方法です。

やり方に違いはありますが、どちらも法的に違法ではありません。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカードの現金化によるメリットを紹介します。

積極的にお勧めは出来ませんが、以下のような利点があります。

お金を借りるわけではないので、審査が不要

カードの現金化で大きな利点となるのが『審査が不要』という点です。

借金とは違い、カードローン等の審査に通らない場合でも利用することが出来ます。

クレジットカードのショッピング枠さえ残っていればいいので、クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまった状態でも現金を得ることが可能です。

審査なしで手続きが出来るから、こんなに振込が早いんですね!

イエス。それこそが、消費者金融や銀行カードローンとの大きな違いなんだ。
もちろん振込もネット上で完結できるところがほとんど。この手軽さが嬉しいね。

来店不要で、最短即日振込み可能

クレジットカードの現金化をする場合、専門業者への来店などは基本的に不要です。

ネット上の手続きで全て完結出来ますので、非常に便利です。

最短即日振込みにも対応しているので、急な物入りでも助かります。

返済はクレジットカード会社にすればOK

現金化したお金は『クレジットカードでのお買い物』という扱いになるので、返済は通常のクレジットの支払いとして処理されます。

消費者金融などとの契約をするわけではありませんので、わざわざお金を振り込みに行く必要がありません。

引き落としにしていればいつも通りクレジットカードの利用料が引き落としされるだけで、余計な手続きは不要です。

業者によっては、通常のクレジットカードと同じように分割払いやリボ払いを利用することも可能なんだ。

分割払いもOKなんだ!これなら、確実に返済していけますね!
しかも、金利は通常のクレジットカードと同じなのが嬉しい!

クレジットカード現金化のデメリット

以下にクレジットカードの現金化のデメリットや注意点をまとめました。

これらの点をよく理解して、リスクを覚悟した上で利用しましょう。

クレカのショッピング枠に余裕がなければ現金化できない

クレジットカードの現金化にはクレジットカードのショッピング枠が必要です。

ショッピング枠をすでに使い切ってしまっていたり、そもそもクレジットカードを持っていない場合は利用することが出来ないので注意しましょう。

クレジットカードを新たに作って使う事もできますが、消費者金融などでの借入を多数抱えていた場合、クレジットカードの審査自体に落ちてしまう可能性があります。

また、カードのショッピング枠を超える現金を手にすることは出来ません。

そもそも購入する予定の金額と同じショッピング枠が無いと利用できないからね。
各クレジットカードの会員ページ等で限度額を確認しておくと、取引もしやすくなるんだ。

こちらがきちんと準備をしておけば、振込までの時間も早くなるってことですね!

現金化の手数料が高い

クレジットカードの現金化には基本的に、専門業者に対して手数料を支払わなければなりません。

これは購入した商品を業者が換金する際、100%の利率で還元できないという点と、業者自体への利用料として支払われるものです。

例えば手数料が20%の場合、10万円のクレジット枠を現金化しても、実際に得られるのは8万円ということになります。

カードローン等の手数料のほうが低い計算になりますので、審査が通るのであればカードローンの利用等も視野に入れてみましょう。

また現金化の手数料は業者によっても開きがあるので、慎重に利用する業者を選ばなければいけません。

カード会社の規約に違反して、利用停止の可能性もある

クレジットカードの現金化の大きなリスクの一つが『カード会社の規約違反』です。

クレジットカード会社はどの会社も『ショッピング枠の現金化目的の利用を禁止』しています。

現金化目的での利用と判断された場合、クレジットカード自体が利用停止になってしまいます。

カードが利用停止になった場合、そのクレジットカードを利用することが出来ないのはもちろん、新たなクレジットカードを作ることが出来なくなってしまうこともあるのです。

クレジットカード現金化はこの先の生活で大きなリスクになりかねない、非常に危険な方法です。

新幹線の回数券など昔から現金化に使われてきたものは、クレジットカード会社の警戒の対象にもなりやすい。
あまりにも現金化の金額が高かったり、疑われやすい商品で現金化する際には十分に注意してくれ。

商品を送らない業者にも注意しなきゃですね…!

将来的に自己破産できなくなることも

クレジットカードの現金化では将来的に自己破産が認められない可能性があるというリスクが存在します。

借金を返せなくても、最悪自己破産すれば助かると思っている方は要注意です。

自己破産でも逃れられない借金というものが存在します。

そのような借金を、破産法第252条『免責不許可事由』といい、クレジットカードの現金化はこの項目に含まれています。

自己破産の際は裁判所によって身辺調査がされますので、クレジットカードの現金化目的の利用を隠し通すことはほぼ不可能です。

嘘をついたことがバレれば、さらに自己破産によっての免責が出来ない状況に追い込まれてしまいます。

現金化を利用しすぎて、長期に渡り多額の借金の支払いに追われる…という事態は絶対に避けたいですね。

自分で現金化する方法がうまくいかない理由

専門業者を通さず、自分でショッピング枠を現金化することは出来ないのでしょうか。

結論から言えば、あまり成功率の高い方法とは言えません。

なぜ自分で現金化するのがうまくいかないのか、以下のような理由が上げられます。

換金率が低い

クレジットカードで商品を購入しても、売却したときの金額が低ければ得られる現金は僅かなものになってしまいます。

この『換金率』の高いアイテムの選定が難しいというのが、個人でのクレカ現金化が上手くいかない理由の一つです。

手数料を支払うことになっても、専門の業者に依頼した方が遥かに良い換金率となることが多いです。

一見高く売れそうに見えるものでも、その時の流行りなどで換金率が大きく変動する。
そもそも売れなければ在庫を抱えた分がそのままマイナスになってしまうからね。

うーん…そのリスクを抱えたり、どうやって売ろうかと考え続けるくらいなら、
思い切って業者の人にお願いした方が早そう…

手間と時間が掛かる

自分でクレカを現金化する場合、まず購入商品の品定めから自分で行う必要があります。

その上で商品を購入し、上手く売却できて初めて『現金』を手にすることが出来ます。

購入する労力もありますが、売却してようやくお金を手にできるので、自分で行うのはいかに時間と手間が掛かるかが分かります。

クレジットカード利用停止のリスクが高い

まとまった現金を得るためには、高換金率の商品を複数購入する必要が出てきます。

不自然に同一の商品を何度も購入したり、高額の商品を限度額一杯まで購入したりといった不自然な買い物をせざるを得ません。

明らかに怪しい購入履歴となるとクレジット会社に調査され、現金化目的の利用であると判断されると、規約違反でカード利用停止に追い込まれるリスクがあり非常に危険です。

初めての場合は特に、「何が怪しまれるのか?」が分からなくて困っちゃいそうです…!

少額ならまだしも、高額をまとめて現金化する場合には特に注意が必要だからね。

ネットで完結。来店不要の現金化業者ベスト5

最近では来店不要で、インターネットのみでクレカ現金化取引を完結できる業者も増えてきています。

ネットで完結できる現金化業者をピックアップして紹介いたします。

※クレジットカード現金化業者は金融業者ではありません。

※お申込みにはクレジットカードが必要です。

ナンバーワンクレジット
業界No.1の換金率と振込の早さが話題に!
どの業者よりも高い換金率最大98.8%。
申し込みから最短3ステップで現金化!
お支払いはリボ払いや分割払いを選べます。
ナンバーワンクレジットなら、23時までの契約完了で当日振込可能です。
<※クレジットカードをお手元にご用意の上お申し込み下さい>
ゼロスタイル
手数料や診断見積もりが全て0円!
運営実績16年のゼロスタイルは、これまで18,000人以上が利用経験あり!
最高換金率99.2%という高さで、あなたの「今すぐお金が必要」に応えます。
最短5分のスピード振込で現金化するなら、ゼロスタイルがおすすめ!
<※お手元にクレジットカードを用意してお申込み下さい。>
ファストキャッシュ
創業以来トラブルゼロ!手続き簡単現金化!
ファストキャッシュは会員数が100万人を突破!
最大還元率は他社よりも高い98%。
来店も審査も不要で、土日祝日関係なく現金化できます。
本人確認はその場のみなので家族や会社にバレません。
<※クレジットカードをお手元にご用意の上お申し込み下さい>
ロイヤルゲート
来店なしで即日振込!選任スタッフが丁寧に対応!
ロイヤルゲートなら、個人情報完全守秘で誰にもバレずに現金化できる!
女性スタッフも在籍しているから、安心してご利用頂けます。
今なら、新規ご成約で最大5万円プレゼント中!
<※クレジットカードをお手元にご用意の上お申し込み下さい>
換金クレジット
他社より1%でも高く!納得のサービス内容
顧客満足度の高い現金化専門店。
他社より1%でも高く現金化することを約束しています。
個人の現金化でも3%UPなのが嬉しい!
年中無休、24時間365日振込可能です。
<※クレジットカードをお手元にご用意の上お申し込み下さい>

おすすめはできないが、どうしても現金に困った場合は使える方法

クレジットカード現金化の方法、 メリットからデメリットについて紹介いたしました。

残念ながら詐欺業者なども多く居ます。

悪徳業者による被害では、カード自体の売買や、個人情報の転売、入金されないと言ったトラブルが見受けられます。

特に入金されないなどのトラブルに遭ってしまった場合、残念ながら取り返せる方法はゼロに近いです。

リスクをよく理解した上で、どうしても現金が必要な際に最終手段の一つとして考えておきましょう。

悪徳業者には十分注意して、デメリットも理解した上で利用してくれ。

すごく為になるお話でした~!ドランプさん、ありがとうございました!
おすすめの記事