ビジネスローンを即日で借りるために。知っておきたい申し込み方のコツ

個人事業主や自営業で頭を悩ませるのが、事業資金の確保です。

急ぎで運転資金が欲しい時、『ビジネスローン(事業者向けローン)』が便利であると聞いたことはあっても、実際にはどんなものか知らないから不安…という方も多いでしょう。

ローンというからにはもちろん融資の一つですが、銀行カードローンや消費者金融の借入などとは様々な違いがあります。

この記事では、ビジネスローンのメリットやデメリット、どのようなビジネスローンがあるのか、即日融資は本当に可能なのかなどを紹介させていただきます。

ビジネスローンとは?

『ビジネスローン』とは、中小企業や個人事業主などの経営者向けの融資のことで、『事業性の無担保ローン』の事を指しています。

事業資金を得るための、法人向けの無担保型のローンです。

ビジネスローンは担保が不要なことが多く、審査も早いのが特徴の融資となっています。

その分金利は少し高く設定されていますが、スピード融資で審査も通りやすいことから、自営業の方の運営資金や法人経営者の資金繰りに利用されています。

急ぎの場合銀行よりも、ノンバンクのビジネスローンが役に立つ理由

急いで融資を受けたい場合、銀行の融資よりノンバンクのビジネスローンの方が適している可能性があります。

ノンバンクのビジネスローンであれば、担保や保証人無しでスピード融資が可能だからです。

資金がどれくらい必要で、いつまでに必要であるかによって、最適なローンは変わってきますので、ベストな融資を選択出来るようにしましょう。

ノンバンクのビジネスローンのメリット

以下にノンバンクのビジネスローンのメリットをまとめました。

  1. 最短即日融資も可能
  2. 担保、保証人が不要なところも多い
  3. 総量規制対象外である

最短即日融資も可能

ノンバンクのビジネスローンであれば、申込み時間や審査次第で即日の融資が受けられる場合があります。

急ぎで事業資金が必要な場合などは強い味方です。

審査も銀行融資や信用金庫などより断然早く、また銀行や信金、日本政策金融公庫と比較しても厳しいものではありません。

担保、保証人が不要なところも多い

ビジネスローンの大きな特徴として、担保や保証人が不要の無担保型のローンがあるという点が上げられます。

例え不動産などの所有がない個人事業主でもお金を借りることが出来ます。

担保にするものがない場合や保証人が居ない場合は、まずノンバンクのビジネスローンが一番の選択肢となるでしょう。

総量規制対象外である

カードローンとビジネスローンを分ける大きな違いは『総量規制の対象外』となっていることです。

ビジネスローンは事業資金としての借入という限定的な目的であれば、総量規制の対象からは除外されます。

総量規制とは、貸金業法によって定められている『個人の借入総額を年収の3分の1までに制限する制度』の事です。

総量規制から除外されているビジネスローンでは、カードローンより大きな金額を借入することが出来ます。

ビジネスローンのデメリット

便利なビジネスローンにもデメリットが存在します。

以下にビジネスローンを利用する上でのデメリットを2点ピックアップしました。

  1. そもそも提供している金融機関が少ない
  2. 銀行融資に比べて金利が割高

そもそも提供している金融機関が少ない

ビジネスローンのデメリットの一つは提携している金融機関の少なさです。

ビジネスローンは融資を受ける側としては、無担保、無保証で受けられるありがたい融資ですが、銀行側としては貸し倒れとなるリスクの大きい融資となります。

そのためメガバンクなどではビジネスローンを展開していない事が多く、地方銀行でもビジネスローンとは名ばかりのプロパー融資を行っているだけであったり、ビジネスローン自体を取り扱いしている金融機関は減少傾向にあると言えます。

銀行融資に比べて金利が割高

ビジネスローンの最大のデメリットが『金利の高さ』です。

ビジネスローンの金利の平均は約『6.5%~18.0%』と、カードローンと同じくらいの高さになっています。

カードローンとビジネスローンの差は資金用等の違いで、『事業資金』として利用するならビジネスローン、『個人利用』として利用するならカードローンと定めらています。

カードローンを事業資金として利用する事は出来ませんし、ビジネスローンを事業資金以外の用途に使用することも出来ません。

最短即日融資可能なおすすめビジネスローン

最短で即日融資に対応してくれるオススメのビジネスローンを2社紹介致します。
急ぎで事業資金が必要な際に参考にしてください。

  1. ビジネクスト
  2. オリックスVIPローンカード BUSINESS

ビジネクスト

ビジネクスト

『ビジネクスト』は、10万口座以上の契約実績を持つビジネスローンです。

創業直後のオーナーや保証人、担保なしの飲食店経営者などの融資実績もあります。

年会費や保証料も無料で、全国のATMからも利用できる利便性の高いビジネスローンです。

使用用途も事業資金の範囲であれば問われることはありません。

金利は年8.0%~18.0%で、最大1,000万円までの融資を受けることが出来ます。

ホームページで融資可能かすくに診断できますので、申込みもスムーズに行うことが可能です。

赤字決済でも申込みをすることが出来るのも特徴で、利用者が多い理由の一つとなっています。

オリックスVIPローンカード BUSINESS

『オリックスVIPローンカード BUSINESS』も多くの個人事業主や会社経営者の方が利用しているビジネスローンです。

最大の特徴は業界屈指の低金利で、『年間6.0%~17.8%』となっています。

融資金額は最高500万円で、最短60分というスピード審査も売りの一つです。

口コミでの評価も高く、500万円以内の資金調達であればお得に利用できるビジネスローンと言えるでしょう。

即日融資を実現するためのビジネスローンの申し込み方

最短で審査を終えて融資を受けるために事前に行っておくべき事や必要なものなどのポイントをまとめて紹介します。

  1. 必要書類を事前に用意しておく
  2. 午前中にネットから審査に申込む
  3. 差し戻しがないよう、審査書類の誤記入に気をつける
  4. 社長自身の信用力も確認しておく
  5. 電話確認があった際のシミュレーションをしておく

必要書類を事前に用意しておく

ビジネスローンは銀行融資より審査が甘いのが特徴ですが、やはりカードローンなどとは違い必要書類も多くなってきます。

スムーズな融資を受けるために最低でも以下の書類は準備して審査に臨みましょう

1.本人確認書類

どのローンでも共通ですが必ず必要になる書類です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

以上の書類のいずれかを用意しておくようにしましょう。

2.決算書、確定申告書

企業によりますが多くの場合が2期分の決算書と確定申告書を求められます。

『オリックスVIPローンカード』『オリコ CREST for Biz』の2社は決算書の提出は不要とされていますが、基本的には用意しておいて損はないでしょう。

3.その他、場合によって必要な書類

多くの場合が上記の書類で審査を受ける事ができますが、企業等によっては以下のような書類が求められますので、事前に準備・確認をしておきましょう。

  • 印鑑証明書
  • 事業計画書、収支計画書
  • 納税証明書、税務申告書
  • 住民票
  • 登記事項証明書(履歴事項全部証明書)

特に印鑑証明書の提出を求められる事は多いですので、準備しておくのがベターです。

午前中にネットから審査に申込む

即日融資を受けたい場合は午前中からの行動が大切です。

多くの場合、インターネットサイトからの受付を行っていますので、午前中の内からネットで審査の申込みをしておけば、来店時スムーズに案内してもらうことが出来ます。

電話相談も受け付けている企業が多いですので、余裕があれば電話での相談でアポを取っておきましょう。

必要書類などもここで聞ければ融資までの時間は更に短縮することが出来ます。

差し戻しがないよう、審査書類の誤記入に気をつける

ビジネスローンの審査で気を付けておきたいが『誤字・脱字』です。

審査書類に訂正があれば訂正印を押しに行ったり、場合によっては再提出を求められることがあります。

誤字脱字の多さで信用面でマイナスの心象を与えてしまうのもデメリットになります。

文字だけでなく、特に数字の正確性には気をつけるようにしましょう。

表の合計の間違い等があると審査が頓挫してしまいます。

完成したら紙に印刷して確認し、出来れば第三者にもチェックしてもらえるようにしておきましょう。

社長自身の信用力も確認しておく

ビジネスローンに置いて『所得』と並んで重要視されるのが『信用力』です。

ビジネスローンでは申し込みをする本人だけでなく、会社代表者である社長の信用情報も審査基準の一つとして査定されています。

信用情報にマイナスがついていないか、事前に確認しておくと審査時の懸念を一つ減らすことが出来ます。

電話確認があった際のシミュレーションをしておく

ビジネスローンに限らずですが、融資を受ける際は在籍確認などの電話が行われます。

電話確認があった際でもスムーズに切り抜けられるように、事前にシミュレートをしておくと良いでしょう。

万一、ビジネスローンの審査に通らなかった場合の検討先

もしもビジネスローンの審査に落ちてしまった場合の資金調達には以下のような方法があります。

  1. ファクタリング
  2. 手形割引
  3. 経営者個人でカードローンで借入する

ファクタリング

ファクタリングとは『売掛債権の買取』をしてくれるサービスのことです。

商品、サービスなどの提供は完了したものの、まだ支払いを受けていないという場合、その『支払いを請求する権利』を売却(買取)するサービスとなります。

ビジネスローンより手数料はかかりますが、審査される内容が全く違うため、仮にビジネスローンでの審査に落ちてしまってもファクタリングは利用できるという可能性があります。

手形割引

『手形割引』とは、取引先から受け取った手形を手数料を支払う代わりに期日前に現金化するサービスの事です。

どうしても資金が必要な場合は、金融機関に手形を買取してもらうこの『手形割引』を利用するのも選択肢の一つでしょう。

当然本来の手形の金額より受け取れる金額は減ってしまいますが、その分お金を早く受け取れるので、すぐにでも現金が必要な場合は重宝する手段です。

経営者個人でカードローンで借入する

ビジネスローンは不可能でも、少額であれば個人でカードローンの融資を受けるという方法もあります。

銀行カードローンなどであれば大手ビジネスローンと金利もあまり差がありませんので、必要な資金がそれほど多くない場合はカードローンでの借入も視野に入れると良いでしょう。

個人の生活資金の補填などであればカードローンを利用する方が適切と言えます。

まとめ:低金利融資がおりるまでのつなぎとしては、ベストな選択

ビジネスローンは銀行融資などより素早く、審査も甘めで融資してもらえるのが最大のメリットとなるサービスです。

低金利の融資が降りるまでの運転資金のつなぎなどとしてはベストな選択と言えるでしょう。

ただしノンバンクのビジネスローンを受けていると銀行融資を受けにくくなると言ったデメリットもありますので、先を見据えた慎重な借入が望まれます。

即日融資には混み合い状況やタイミングも影響してきますので、インターネットからの申込みなども駆使して早め早めに行動するように心がけるのがポイントです。

関連キーワード
  • 闇金から借りるとどうなる?正規業者から借りれない方へ現実を紹介します
  • 夜逃げするとどうなるか気になる方へ。デメリットだらけの生活を紹介
  • 無料で借金相談ができる専門機関まとめ。悩みを打ち明けたいなら
  • 借金を無くす5つの具体的な方法。返済で頭がいっぱいの方へ
  • パパ活女子必見。相場以上にお小遣いをもらう方法
  • 本当に儲かるギャンブルはどれ?一発逆転を狙うなら
おすすめの記事